• バナー
 
 

日本のサプリメントとアメリカのサプリメントの点数表



安全性 
日本
★★☆☆☆:海外★★★★

日本にももちろんサプリメントの品質を検査する機関はありますが、日本は製品で事故が起きてから大騒ぎする国です。
ニュースでも時々取り上げられますが、サプリメントの服用事故が起きる最も大きな理由は、日本が厳重な検査を行っていないからだと言えるでしょう。

それに対してアメリカは頻繁に抜き打ち検査を実施しており、品質が劣悪な場合、事故が起きる前以前に市場に出回ることが出来ないのです。

日本では厚生労働省や国民生活センターといったところが監視役です。
厚生労働省の「健康被害があったサプリメント」のページを見ると、日本製、タイ製、中国製のものが多いようです。

種類としては「ダイエット系」と「強壮剤系」が殆どの被害を占めていることが分かります。
タイのダイエット薬で死亡者が何人も出ていることをご存知でしょうか。タイのヤンヒーホスピタルなどのダイエット病院が処方するピルには、日本では絶対に認可されない麻薬に似た成分が大量に含まれています。

そのような危険な「ドラッグ」で痩せたいと、無責任な個人輸入代行業者から購入して亡くなる方が後を絶ちません。アメリカのように厳しい基準も何もない国のものは、決して口にしないようにして下さい。


含有量
日本☆☆☆☆:海外★★★★★

これは、じっくりボトルに記されている含有量を見れば一目瞭然です。アメリカ製は日本の10倍〜100倍くらいの含有量が当たり前なのです。その差は、栄養・サプリメントに対する考え方の違いからだと言えるでしょう。

日本では栄養所要量は「健康な人が病気にならないための最低量」ですが、これは何十年も前の肉体労働者を対象とした数値であり、現代のようにストレスフルな環境で生活する現代人向けのものではないのです。

アメリカではサプリメントとは「病気にならないためだけでなく、現代の生活で健康を保つのに必要なもの」という考え方です。そのため、栄養学で「ビタミンB群はストレスにより大量消費されるが、大量に摂っても過剰症は殆ど起きない」といった発見がされると、積極的に取り入れられます。

 


価格 
日本
★★☆☆☆:海外★★★★

日本製のサプリはどうしても安くお手頃に見えるため、アメリカ製で高品質なサプリメントより売れてしまう結果になるのですが、日本製は一袋あたりが安くても、本当に効果が期待できるだけの含有量ではないため、結局意味のない買い物になってしまうのです。

手に入りやすさ 日本★★★★☆:海外★★☆☆☆

日本製はドラッグストアやコンビニでも取り扱いが増えました。
アメリカ製は通販で到着まで1週間程度かかりますが、商品はほぼ何でも揃えることが出来ます。
日本では馴染みの薄いサプリメントでも、アメリカ製で本当に良いサプリメントはたくさんあります。


 


…とこのように、日本製のサプリメントは正直なところ、「あんまり意味がない、安かろう悪かろう系」であると言えます。

それに対してアメリカのサプリメントは本気度が違うと言いますか、値段ははっきり言って高いけど、しっかり品質に責任を持ち、いいものを提供していますという感じです。

私たちBSDサプリメントでは、「売れるサプリメント」を取り扱うのではなく、本場アメリカの質のいいサプリメントをご紹介しています。

健康は自分次第です。
自分が身体をいたわってやらなければ、健康診断も受けずに暴飲暴食していれば、人より先に天国へ行くことになるのは当たり前です。病気って、ある意味では自分から呼び寄せているものです。

自分のために健康でいるのはもちろんですが、自分の大事な人たち、家族、子ども、友達、仲間。色んな人が、あなたが病気になったら悲しみます。

健康を意識した生活を習慣づけるようにしていきましょう。

BSDサプリメント

ページトップへ


 お客様窓口  よくある質問  インフォメーション  関連サービス

・筺0120-105-315
メールで問い合わせ

商品が届きません
メールが一切届きません
・医薬品は輸入出来ますか
・ダイエット薬を輸入したいです

国際書留郵便/EMS便の荷物検索
ヤマト運輸/国際宅急便の荷物検索

公式Facebook
・公式LINE
メルマガ過去ログ倉庫
・ココロと身体を綺麗にするブログ